3日でサイトを立ち上げ、1週間で電話が鳴ったマッサージ店

cp2014-11-16-1

千歳の出張マッサージ店「フェアリー」さんの事例をご紹介します。

スポンサーリンク

サイト構築:3日間

サイトの構築からSEO対策、PPCまでまるっとお任せ頂いた形でのスタートになりました。

何もわからない、という場合にはこういう形で「丸投げ」していただくのが本当にありがたいです。

丸投げしたけど「やっぱりここがぁ」みたいなお話になると、1ヶ月以上もらっても完成しない、なんてバカバカしいお話になります。

ポイントはどこか?

サイト作りからコンサルまでお任せいただくにあたってお願いしていることがあります。

この2つができる人なら成功する可能性が高いですよ。

・「デザイン」に必要以上にこだわらないこと

デザインにこだわるなら別の会社使って下さい、ということです。

私自身は「最初の顧客をいかに早く捕まえるか」ということを念頭においてスタートしていますので「デザイン」へのこだわりが一切ありません。

まずは集客する、ビジネスを動かし始める、というのが何にも増して大事だと思っています。

デザインにこだわる人は、正直おひまなのだろうなぁ、と思っています。お金ができてから、売上ができてから、デザイナーにあとで頼めばいいじゃないんですかね。

・自分の強み、セールスポイントを人に話すことができること

自分がこれから行う商売の「強み」や「セールスポイント」という部分はどこなのか。

人に持っていない優位性はどこなのか。

実はこの点しっかり持っていない人が多かったりします。

文章にするのが下手くそでもいいんです、それは私達がやりますので。

話をしてくれるだけで、十分だと思いますよ。

まず作る、直しはそこから

僕もずーっと作らないで企画を温めているだけの時代がありましたが、世の中アウトプットしなくては、誰も見てくれないってことになります。

酒場の隅で、内心馬鹿にされながらも店主にぐだぐだものを言ってるだけの男に(女に)なりたくはないものです。

がっ!と集中できる時間は短いものです。

まず作ってしまう。

サービスのフローをとりあえず構築してしまうんですね。

そして、そこから、修正をいれていけばいいんです。

(実際問題私のサイトも、ひどいものです。直しを入れたい箇所はたくさんありますが、それは後回し。という言い訳w)

ウェブサイトって「コスト」ですか?

ウェブサイトに対する考え方で困るのが「固定費がかかるー」ということですね。

当然ですよ、商売始めるのに、物件借りたらそれ以上かかりますって。

と笑いながら話すのですが、やっぱり引っかかるようで。

ウェブサイトはコストではありませんよ、利益を生み出す「金の卵」だと思ってほしいです。

だからこそ、早く構築し、サービスを作ってしまうのが大事。

集客できれば眼の色変えてくれるので、その瞬間が楽しみでもあります。

 

千歳のサイトを作りながら「最近旅とか旅行とか行ってないなぁ」と思い、Huluで旅猿を見ながら休憩。

バカリズムが参加していた「下道の旅」これは面白かったなぁ。

TKO木下の「軽井沢」はまさに旅猿、という感じのコテコテの内容。

適度なリラックスが必要ですね。定山渓にでもふらりと行ってこようかなーと思いつつ、雪降ってるし、ということで躊躇するのが札幌民ですね。

 

それでは、また。

 

ウェブサイトの無料診断、もしくはサイト運営のご相談は下記ボタンからどうぞ。
無料相談をする

スポンサーリンク