電気の解約で東京電力に「いらっ」としたけど「業務の流れ」が大事なんだと分かったこと

cp2014-11-17-1

現在絶賛引っ越し手続き中でございます。やり残した作業で忘れがちなのが、電気ガス水道の解約。意外とめんどくさいんですよね。

スポンサーリンク

解約手続きをしようと東京電力に電話したのです

当然のことながら、解約にコールセンターのリソースを入れるわけもなく、10分以上待たされる始末。

覚悟はしてましたけどね、でも、あまり気分の良いものでは無い。

そんな時に保留応答のメッセージに「電気の解約に関しては『でんき家計簿』をご利用くださいませ、インターネットでできます」というのが流れてきた。

そりゃそうだよね、ネットの時代だもの

ということで電話をガチャ切りして(まだこの件を根に持ってるのか?w)早速MacBook Proを開き、検索ですよ。

最近は電話でいいことがあまりないものですから、ネットでできるならそれを早く言ってよ、という感じでした。

検索したキーワードはもちろん「でんき家計簿」

そりゃそうですよね、でんき家計簿ってので解約できるって思ったんですよ。

ユーザー登録して、申し込み。

いや、よく読んだらよかったんですけどね・・・

めんどくさい手続きを済ませ、メールを見てみると、こんなことが書いてあるんですよ。

お申し込みいただきました電気のご使用量等のデータは、ご契約内容の確認手続き完了後
からご覧いただけます。
(現在はデータをご覧いただけません。)
ご契約内容の確認手続き完了まで今しばらくお待ちください。

はぁ?

ということで全然違うサービスを申し込んでいたってのが判明。

実は、「でんき家計簿」と「電気引っ越し」っていう2つのサービスがあって、解約するのであれば、引っ越しの方を案内すればいいのに、でんき家計簿からやれ、とフリーダイヤルでは案内をしているわけです。

で、東京電力のサイトに行ってみたら、こうなってました。

cp2014-11-17-2

 

解約の電話で「引っ越し連絡帳」を案内しとけや!

と言いたくなる私の気持ち、わかっていただけますでしょうか?

まぁ、「調べてないお前が悪いんじゃ」というご指摘もごもっともですが、解約の電話で案内したのが「ご自宅の電気料金をウェブでチェックできます」ってサービスってのはいったいどういうことなんでしょね?と思いませんか?

大企業でもこのレベルなんですよ

この事件(僕にとっては、ですけど)でわかったことがあります。

大企業でもこの程度のレベルってことです。

ユーザーの動線をきちんと読めてない、そして導線を引けてないってことなんですよね。

ネットビジネスなんて特に重要で、ユーザーはどういう問い合わせをどこでして、そこからどういう動きをしているか。
ということをしっかり考えていかないと、僕のような怒りのやり場の無い人間を量産してしまう。

んで「成約しませんねぇ」というご相談をいただくことになるんですね。

最終的には引っ越しの方も会員登録させられまして、二重で会員登録した上で解約の手続き終了。

と思ったら今日メールがまた届いていまして。

この度は「でんき家計簿」へお申し込みいただき、ありがとうございます。

お申し込み手続きが完了しましたので、お知らせいたします。
サービスのご利用開始に必要な認証コードを記載したお知らせを郵送いたします。
認証コードがお手元に届くまで通常、1週間程度かかります。
認証コードは、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」のお届け先に郵送いたします。
お手元に届きましたら、お知らせに記載された手順で認証コードをご入力ください。

いやいや、1週間以内に退去するんですけど、私。

各サービスがリンクしてないってのも大企業の特徴ではありますが、ここまでとは。

ウェブサイトの無料診断、もしくはサイト運営のご相談は下記ボタンからどうぞ。
無料相談をする

スポンサーリンク