【衆院選2014】北海道一区の候補者のホームページをまとめてみた

plc2014-12-07−3

さて、2014年も年末になってきたわけでございますが、

衆議院選挙が12月14日に投票日を迎えるわけです。

ネット選挙解禁ということで「各候補のホームページがどうなっているのかなぁ」ということを調べてみようと思いまして、土日を使ってリサーチなどを、かる~くお酒を飲みながら行っている次第でございます。

私が住んでいる地域は北海道一区。
そこの候補者は4名ですか、ふむふむ。

アイキャッチ画像は、「2014 選挙 画像」でGoogle検索をしたものなのですが、まぁ、こうなりますよね。AKB関連画像ばっか。日本って平和だなぁと思いましたよ。

候補者の検索順位1位をリストアップ

朝日新聞のこの記事を参照し、候補者の名前でGoogle検索をかけた一番最初のページを表示しています。順番は届け出順です。

横路孝弘ホームページ

野呂田博之 (@ikkunorota) | Twitter

前衆議院議員 船橋利実ホームページ

飯田佳宏 (@goma0322) | Twitter

ん〜、横路氏と船橋氏が自分のHPが一番最初にきていて、あとの候補者はTwitterかー

そんなイメージですねぇ。

おひとりずつ感想を

横路氏:いまどき「フレーム」ですか。ある意味で新しい。今どきフレームなんて2ch系画像掲示板とかぐらいでしか見ませんよ。スマホ対応しろってもう少し頑張ってみてはどうでしょうかね?

野呂田氏:Twitterの画像一発目で「おすぷれいでんじゃー」って出てきちゃいました。まぁ、そうですよねそうですよね。そしてTwitterの背景画像はやっぱりアカ赤いんですね。

船橋氏:カネかかってるねぇ、という印象。業者が作ったんだと思われます。更新も一番きちんとしている印象ですが、言いたいこと無いのかね?スカスカですな。という感想。ネットで公開する情報ってこんなもんなのかなぁ、という感じ。

飯田氏:Twitterの更新は11月29日でストップ。Google検索で2番めにご自身のらしきHPが存在していますが、geocitiesなんて懐かしいサービスですねぇ。こちらも更新は前回の選挙から更新されてない。んー無所属ゆえにお金が無いのかなー?つか主張が見えない

まだまだ読み込みが足りていませんが、色々とリンクしてあるところもチェックして、一覧表みたいなのを作れたら面白いかな?「北海道一区、候補者のネット活用」とかっていうタイトルで。

明日やってみるかどうか。
気が向いたらやってみます。

※一応うちのブログはビジネスブログなんですが、すみませんね。まま、予め言っておきますが特定の政党を応援するだとかそういった意図は全くありませんので、ご容赦くださいね。

ウェブサイトの無料診断、もしくはサイト運営のご相談は下記ボタンからどうぞ。
無料相談をする

スポンサーリンク
スポンサーリンク