PPC広告とかSEO対策の前に、あなたのウェブサイトが「どんなキーワードで検索されてヒットしたいか」を考えませんか?

plc2015-02-19

Bufferというアプリの開発者がイケてるのを開発したそうで。
https://bufferapp.com/pablo#

これ、簡単に文字入れできるウェブアプリでございます。

ブログに入れる画像を選択、もしくは自分でUPして、そこにテキストを書き込むスタイル。PNGファイルで保存されるので今までSkitchで書いていたのがとってもいい感じに、キレイに画像を表示させることができるようになりました。

こういったサービスはどんどん出てきているので積極的に使ってみるのがいいですね。

とりあえずしばらくはこの方式でやってみようかなと模索中でございます。

スポンサーリンク

PPCとかSEOとかの前に、やるべきことがあったんだね、というお話

plc2015-02-19-2

ブログを始めてみて何ヶ月か経過しておりますが既存のお客様を含め、新規の申し込みをしていただいた方々にも共通することがありまして、それはSEOとかPPCとかを始める前の話で、本当に基本的な事柄だったもので、ブログに書いておこうと思って、残しています。

しかしこのpablo、いい感じですね。ほんとに。なんかそれっぽいこと、いい感じのことを言っているように思わせる効果があります(笑)

キーワード検索でヒットするワードは1サイトあたり1つにしときましょう

自分のサイトがどんなキーワードでヒットして欲しいのか、ということなのですが、これに優先順位をつけていかないとダメですよ−、というお話なんですね。

例えば、某マッサージ店さんなどでは「◯◯(地方名)+エステ」で検索されたい!とおっしゃっていたのですが、よくよくお話を聞いてみると、「いや実はタイ古式マッサージが中心なんですよ」とのお話。

・・・実は笑い事ではなく、こういった事例、結構あります。

当然のことながらたくさんのキーワードでヒットするっていうのは、アクセスを集めるために重要なことではあるのですが、それはひとえに優先順位が一番高いキーワードでのヒットを確実にするためのサポートでしかない、ということを初心者の方々には申し上げておきたいんですね。

1サイトで1キーワード。

これ、厳守したほうがいいです。

特にサイトのタイトルとか、メタディスクリプション、キーワードなど。その辺りはウェブ業者さんが、とりあえずキーワード埋めとけばいいや−というような感じでごちゃごちゃと入っている方が非常に多かったりします。

今どきキーワード欄にたくさんキーワード入れてもGoogle先生は引っ掛けてくれませんので、消してしまって下さい。

SEO対策=1サイトに1キーワードで上位に表示させる+α

あくまでも僕の考え方ではありますが、SEO対策ってこういうことなんだろうなと思っています。

1サイトで対策できるキーワードなんて所詮1つ、多くて2つだと思っていて下さい。

みんな忘れがちなのですがSEOの「O」ってのは「Optimization」、つまり「最適化」なんですよね。

いろいろな言い方があるかと思いますが、検索エンジンに対して自分のサイトを最適なポジションに持って行くことなんですよ。決して上位表示をさせるためのものではないってことにいい加減気づいていただきたいなと思ったりする場面がちょくちょくあります。

つまり、最適化、なのですから、自分のサイトが検索エンジンにとって「イケてない」サイトであれば、それは50位とかその辺りでうろうろします。当然ですよ、サイト自体がしょぼいんですから。でも、「イケてる」サイトに作っていくことができれば、検索エンジンが評価してくれる=上位に表示してくれる。というお話なんですよね。

実は当たり前の話ではあるのですが SEO対策=上位表示 っていう変なイメージを持っているひとがいらっしゃったので、ここに書いておきました。

自分のサイトに、ひとが読みたくなるようなコンテンツがあるのかどうか。

そういったことがますます重要になってきているんですね。

このサイト自身のコンテンツももっと充実させねば。。。そう思った次第でございます。

ウェブサイトの無料診断、もしくはサイト運営のご相談は下記ボタンからどうぞ。
無料相談をする

スポンサーリンク