「Duplicator」はWordPressを載せているサーバによっては使えない!「All-in-One WP Migration」というプラグインを使ったほうが便利だった

plc2015-03-11t

以前の記事でも書いていました「Movable TypeからWordPressへの移植作業」ですが、ようやく先ほど完了をとなりました。ほっ。よかった。でもあと2件ほど、1件は自分のため、もう1件はクライアント案件でおそらくやらなくてはいけないので、まとめの意味を込めてエントリ。

スポンサーリンク

タイトルの通り、Duplicatorはエラーが出て使えなかった。

当初の想定として便利だなと思っていた(というか別環境では使えた)Duplicatorというプラグインが今回の移行作業では使えなかった。

というのも原因としては「元サーバのファイルをスキャンしたらエラーが出たので無理ポ」ということでした。
ということでこちらがスクリーンショット。

plc2015-03-11
スキャンが完了した後、「PHP Settings」という箇所でWarningが出た。英語を読んでみると、「php.ini」というサーバ上においてあるファイルを変更しなくてはいけないというメッセージのようだ、という程度の英語力ではあるけれども分かった。

んで、php.iniを変更しようとしたら、できない。
私が使っているのはWp-Xというサーバとロリポップ!なのですが、Wp-Xは管理画面上でしかphp.iniを選択できないことが判明。

WP-X自体は優秀なサーバだと思っていますし、XSERVERが運営しているので、サーバ自体には問題ないです。
プラグインを使おうとした時にだけ影響が出るというだけで表示速度もかなり早いし、いいと思っています。
ただ、独自ドメインは10個までという制限があるので注意。最初コレを知らないで申し込んで「えっ?」と思ったことがありました。
今ではまあ、仕方ないか、という印象です。このドメインもWP-Xで運用してまっせ。



一方のロリポップ!は、昔チカッパだった頃からのユーザーだったので、そのままロリポップ!に移行されて継続的に使っている感じですね。
一時期表示が遅かったのですが、WP-Xを契約してからすぐぐらいかな?ビジネスプランというものが登場して、あー、と思ったことがありました。
運用の安定感と、それと困ったときに検索したらいろんな方がブログで解説してくれているってのがいいですね。


 

おっと、サーバの紹介じゃなくて、移行のお話でした。

いろいろ試行錯誤したのですが、やっぱりできないのでスパッとDuplicatorは諦めて別のプラグインを検索。
んで、出てきたのが「All-in-One WP Migration」というプラグイン

こちらのサイトが詳しいです
http://www.zatta.club/2015/02/all-in-one_wp_migration/

ほんと、このサイトの通りにやりましたら、あっという間に完成。
移行作業自体は非常にスムーズに進みました。

1.サンドバッグ環境にAll-in-One WP Migrationをインストール
2.All-in-One WP Migrationから「Export」を選択
3.何もしないでエクスポートするとZIPファイルがダウンロードされます
4.新環境で、All-in-One WP Migrationをインストール
5.「import」を選択して、ダウンロードしたZIPファイルをアップロード

これで、おしまい、何も他にはしていません。

どうやって移植してるんだろ?と思いますけど、使っているプラグインやら記事やら色々とスムーズに移植してくれました。
環境依存がされない移行ツールとしてはこれが現段階(2015年03月段階)では一番かもしれません

ぜひ参考になさって下さい。

まとめ

プラグインは環境によって使えない場合があるということを理解しましょう。また、少しでもエラーが出たら、使うのを控えたほうが無難かもしれません。
おなじような機能を持つプラグインは意外とたくさん出ているので、今使っているものにこだわらず、別のものを使えないかと探してみるのがいいと思います。

無料相談はこちらから

ウェブサイトの無料診断、もしくはサイト運営のご相談は下記ボタンからどうぞ。
無料相談をする

スポンサーリンク