「レスポンシブ・デザイン」と「スマートフォン対応」の違いについて。

pl2015-04-02

4月21日から、Googleがスマートフォンに対応したサイトを構築しないと、検索順位を落としますよ、ということを発表して1ヶ月程度が経過しましたね。世のWEB制作会社は駆け込み需要に喜んでいるのかもしれません。

え??4月21日って何!?という方は下記のブログを読んで下さい。有名な鈴木先生のブログです。RSSに入れておくのもいいと思います。

Google、「スマホ対応」をランキング要因に利用することを決定。4/21から導入。

ということで、世の中レスポンシブやらスマホ対応一色という感じでございます。

そっか、googleでスマホ対応すれば検索順位上がるならうちの会社も・・・という方もいらっしゃるかと思います。

そんなスマホ祭りが起こっている業界界隈でございますが、うちもリニューアルしたいという方へ、高額な見積もりでびっくりしないように、3つのことを知っておいたらよろしいのではないかということで記事にまとめました。

スポンサーリンク

「レスポンシブ対応」と「スマホ対応」は全然違うもの

レスポンシブ・デザイン=スマホ対応 ということでもないんですよね。この辺り言葉の定義というのが難しいところではあります。

「スマホ対応」というのは、簡単にいうと、スマホ用ページを作ってしまえば「スマホ対応」ということになるんだ、ということなんです。

ではレスポンシブ・デザインってのはなにかといいますと・・・IT用語辞典より引用します

Webデザインの手法の一つで、様々な種類の機器や画面サイズに単一のファイルで対応すること。

WebサイトやWebページをパソコンやスマートフォン、タブレット端末など複数の機器や画面サイズに対応させる際、内容が同じでデザインや動作をそれぞれに最適化した複数のHTMLファイルやCSSファイルを用意し、HTTPリダイレクトなどでアクセスを振り分ける手法がよく用いられる。

レスポンシブデザインではこのような対応はせず、表示された機器の種類やサイズに応じて表示内容が最適な状態に変化するよう設定された単一のファイルを制作し、すべての機器に同じように送信する。複数のファイルを用意する場合に比べ、デザインや機能の自由度は下がるが、すべての機器に同じ内容を表示でき、更新作業の簡略化や更新漏れの防止が期待できる。検索エンジンやアクセス解析に内容が重複した複数の異なるURLが出現することも避けられる。

ということなんですね。

単一のファイルで対応するか、しないかという点が違う。ということです。

現行のサイトにユーザーエージェントでの振り分けで、別のスマホ用HTMLファイルを作ってしまえばスマホ対応は完了するということです。

現在のサイトのHTMLファイルをレスポンシブ・デザインに切り替えるというのとは全然違いますね。

実際問題、会社によってはスマホ用ページを作る、というレベルで十分な場合もありますので、お付き合いのあります制作会社に聞いてみるのがいいと思います。

レスポンシブデザインの場合、ほぼ100%作り直しです

既存のサイトデザインをレスポンシブ化するというのは、言ってみればほぼ作り変えになるということなんですね。

デザインやスタイルシートはほぼ全面作り変えになります。

大体の場合、レスポンシブ対応してないHTMLの場合ですと、スマホに対応するために画像のサイズを変更したり、文字のスタイルを変更したり、スマホで見えるように最適化したりなど設定をHTMLファイルごとに変更していく必要があるんです。

ツール使ってとりあえず対応でもいいかも

とりあえず、ということであればツールを使って対処すればいいと思います。現状、たくさんのサービスが出ているかと思いますが、スマホに最適化するツールをご紹介です。

スマートフォンPCサイト☆の開発|スマートフォンWebデザイン| DudaMobile

このツールで4月21日以降、どのような検索順位に変動があるかというのは誰もわかりませんが、スマホ対応、という点でいちばんお気軽なのはこういったツールを活用することかなと思います。

そもそもスマホに対応しただけで検索順位は上がりませんから、きちんと良いコンテンツを発信し続けるというのが大事なことかと思います。

 

無料相談をする サポートメニューへ

 

ウェブサイトの無料診断、もしくはサイト運営のご相談は下記ボタンからどうぞ。
無料相談をする

スポンサーリンク