最初の目標と現状を把握することが個別相談のスタートです。

2015-04-02pl
スポンサーリンク

個別相談って一体どういうことをするの!?

今、サイトを持っている場合にはそのサイトを修正するアドバイスをすることからスタートします。

実は今、サイトを持っていたとして、いろいろなサービスを提供したとしてもうまくいかない場合というのは結構あったりします。

思ったような成果が出ない場合もあれば、そうではない場合があります。

予算の問題(であるとか、会社内部の問題などで今現状のサイトを変えなくてはいけないであるとか、追加でサービスをしなくてはいけないなど)実はサービスそのものよりもそれ以外の事情で「うまくいってない」というケースがあったりもします。

特に予算の話などは、私からしてみれば今どきネットビジネスで月数万円の広告予算などを出すことができないというのは「ありえない」と思っているのですが、未だにそういう思想をされる方ってとっても多いんです。残念ですが。

ですから、まずは対象と目標を明確にします。

今あるサイトを有効に利用して、もっと活用したいと考えているのかそれとも新たにサイトを作ったほうがいいのか。

目標は、まず、1件、申し込みをサイト経由で行ってもらうこと、というのがほとんどです。

その辺りからお話することが多いです。

そして、そこから初めて、お持ちになっているサービスを一番有効にPRできる、そして成約させることができるのはどういうルートなのかを考えます。

例えば、ネットショップを運営されていたクライアントさんは実は店舗の方に時間を取られてしまってどうしようもない。そのため楽天を運営しているのだが、辞めたい。

そんな内容から相談いただく形もありました。

ですから相談いただく場合には「サイトの状況」をまずはきちんと教えていただけますと、スムーズに進むと思います。

サイトの状況は「アクセス解析」を見ることで、把握する

サイトの運営状況をしっかり把握しているのか、という点。コレはひとえに「アクセス解析を見ているかどうか」というところにかかってくるのではないでしょうか。

有名サイトの運営者さんは欠かさず毎日アクセス解析を見ているといいます。

ビジネス系のサイトの場合、アクセス数がそのもの少ないため、あまり見るチャンスは無いかもしれませんが、少なくとも3日に1回ぐらいは、アクセス解析の画面を開くようにしておくのがいいと思いますね。

 

ウェブサイトの無料診断、もしくはサイト運営のご相談は下記ボタンからどうぞ。
無料相談をする

スポンサーリンク