自分のサイトの使い勝手を必ず試しておこう。メールが届いてないかもよ!?

pablo2015-04-30

いやぁ、やらかしてしまいました。
無料相談をしていただいていた皆様申し訳ございませんでした。

今日、すべて回答をしておきましたので、メールボックスをご確認くださればと思います。
(※あ、届いていないよ、って言う場合は99%以上、迷惑メールフォルダに生き残ってます)

photo by Antony Stanley

スポンサーリンク

自分のサイトを実際に自分でテストしてみたこと、ありますか?

私自身も運営している、ブログなどから何かの申し込みをさせたいと思っているサイト、まぁ、つまりサービス系のサイトを構築してきたわけですが、お客さんのサイトを構築している場合には、ちゃんとメールアドレスはどれで受けますか?と確認をするんですけどね。

自分のこととなるとちょっと甘いところが出てしまったようです。

いや、ちゃんとメールは届いていたんですね。しかし、それが他のスタッフも見ることができる共有のアドレスだったんです。自分がメインで使うことが無いメールアドレスだったこともありまして、スタッフがおそらくゴミ箱に入れちゃっていたんでしょうね。

この「個別相談」は私ひとりでやっているので、共有しちゃまずかった。

ということが業務を行っていく中でわかってきたわけですね。それが判明したのが先ほど、というわけ。うーん、コレはいけませんね。まぁ、当方のブログのような弱小サイトであれば、問題は少ないのかもしれませんが、それでも一部の方にはご迷惑をお掛けしてしまったわけで、ほんとにすみませんです。

ということで、無料相談をしていただいた場合、私のメールに直接飛ぶように設定を変更しておきました。

ABテスト、というほどではないですが、中小企業でも、一度テストしておいたほうがいいですよ。

大企業のように大々的にどちらのユーザビリティがいいか、なんていうテストをすることはできませんが、サイトのチェックをする場合には、知り合いに頼んで、一度申し込みをしてもらうっていうやり方が、いちばん古典的でもあり、いちばん効果的でコストも安いということがわかっています。

できればあまりネットに詳しくない、素人の、更に贅沢を言えば自分がサービスを行う予定のサイトのメインターゲットユーザーの年齢層や性別の方が望ましいでしょうね。

奥さんや恋人でももちろん大丈夫。

そういった方に自分のサイトを一度みてもらう、そしてテストで申し込みをしてもらうことで、業務の流れ、申し込みまでの流れを見ることができます。

「え?ここ最初にクリックします!?」というような意外な発見をすることも多々ありますのでぜひお試し下さい。

まとめ

実はメールが届いていなかった、なんてもったいないことにならないために、自分の持っている申し込みフォームに一度申し込みを誰かにしてもらいましょう。はい、私も気をつけます。

それでは、どうぞよろしくお願いします。

 

ウェブサイトの無料診断、もしくはサイト運営のご相談は下記ボタンからどうぞ。
無料相談をする

スポンサーリンク